アラフィフのこそこそ話

50代大人の女性に向けてお役立ち情報や楽しい話題をこっそりお届けします(たまに猫の話も)

大人の体験型レジャースポット・横浜ハンマーヘッド

新しいものが大好物のはぷ子でございます。
今回はオープンしたての横浜ハンマーヘッドに突撃してみました。
10/31にオープンで、私が行ったのはオープン4日目の11/3です。 

 横浜の新名所 横浜ハンマーヘッド

横浜ハンマーヘッドとは

『新港ふ頭客船ターミナル ショップ&レストラン・ホテル・CIQホール』
ということで、レストラン+ショップ+ホテルが併設された大型客船ターミナルなんですね。
実際行ってみると、どーんと目立つのはショップ&レストランの部分です。

 

ターミナルには11/4に豪華客船ダイヤモンドプリンセスが寄港していました。
あとから1日ずらして行けば良かった…。
でも、今後も豪華客船をかなり間近で見られるチャンスがあるのは嬉しいことです。
優雅な船旅が出来なくても、このようなターミナルがあれば見て楽しむことが出来るってことなんですね。
客船ターミナルの入出港情報はここで確認できます>>

 

ホテルは「インターコンチネンタル横浜Pier8」。
名前の通り、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルと同ブランドです。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルが地上31階、客室数594室なのに対し、横浜Pier8は地上5階、客室数173室なので小規模になっています。
立地からして『海辺のホテル感』をより満喫できそう。
近場ですが、一度は泊まってみたいです。

 

CIQホールとはなんぞや?と思ったら、
税関(Customs)出入国管理(Immigration)検疫(Quarantine)のことだったんですね。

「いまだにビザを持っていなくて国内から出たことない」
と知り合いのオネエに話したら
「やだ、犯罪者?」(違います)
と言われた私は知りませんでした。勉強になります。

 

そんな横浜ハンマーヘッド。

場所が大好きなみなとみらい地区と言うことと、オープンから5日間は桜木町からのバスが無料というだけで下調べしないで行ってしまいました。

館内はとにかく飲食店の数が多いです。
しかも、有名店や専門店、中には横浜初出店やハンマーヘッド限定メニューとかなりこだわってお店がピックアップされています。

 

それもそのはずでコンセプトが

「食」をテーマとした体験・体感型店舗
新業務、初出店を含む厳選された25店舗、”ここでしか味わえないメニューやサービス”をお楽しみいただけます。(入口でもらった神奈川新聞の特別紙面より)

とのこと。

情報ゼロで行ってしまった私は
「わ~、どこも並んでる~。すごいねー」
と言いながら、なるべく行列の少ない(もしくは行列がない)お店を利用しましたが、帰宅後、お店の詳細を見てみると
「なんだ、ここ人気店だったんだ!並んででも入ればよかった」
「このお店のメニューめっちゃそそるー!行ってみたかったー‼」
と後悔しきり。
深く考えずに動くいつもの悪い癖がここでも裏目に出る結果となりました。

これから行かれる方はぜひ下調べされてから行くことをおススメします。
って、お前がゆーなって感じですか?スミマセン。

 

いつものレジャーに飽きたらこれいいかも!
ハンバーヘッドの体験・体感型とは?

クルミッ子ファクトリーで「クルミッ子つくるっ子」

鎌倉のお菓子といえば、鎌倉紅谷さんのクルミッ子。
鎌倉市内外問わず、ファンの多いクルミッ子。

堂々と言い切ってますが、だいたい友達にお土産で持っていくと
「あー!クルミッ子だ!大好き~」
と言われ、ハンマーヘッドでも店舗を見たカップルが
「あー!大好きぃ~!クルミッ子ぉ~」
と言っていたので、独断で鎌倉代表人気商品認定させていただきました。

クルミッ子を知らない方はサイトを見てみて下さい。
美味しそうがあふれています。

引用:www.beniya-ajisai.co.jp

 

横浜ハンマーヘッド・鎌倉紅谷さんのクルミッ子ファクトリーの目玉は、ワークショップ「クルミッ子つくるっ子」
 なんてかわいいネーミング。
人気商品のクルミッ子を自作できるワークショップです。

まさかクルミッ子を自分でつくれる日が来るなんて思ってもみませんでした。

通常サイズの8倍の大きさのクルミッ子を作って、それをかわいい本型パッケージに入れて持ち帰ることが出来ます。

ワークショップの時間は90分。1人3,000円です。
比べるのもどうかって感じですが、ダンスのワークショップも90分3,000円が相場なので、値段的には普通ですかね。
楽しい体験時間にプラスして、特別なクルミッ子を自宅に持って帰って、更に「あら美味しい」と “おいクルミッ子” 的な時間もあるので値段の割にはお得かなとも感じます。

「クルミッ子つくるっ子」ワークショップの注意点

開催は、土日祝日のみ。

事前ネット予約が必要です。
「ノリでその日に」はムリなんですね。

 

そして、なんと2月までは予約埋まっているそうです。
土日祝日だけだとそうなっちゃうかな~と言う感じですが、そこは考えてくれていて、
最近新たに朗報!として、

12月24日25日27日の平日開催決定だそうです。

こちら↑の予約は11月16日午前10時からとのこと。

 

ほっこり甘いクリスマスデートにピッタリ。お友達や家族とでも盛り上がること間違いなしのクルミッ子なクリスマス。チェケラッチョです。

クルミっこ予約サイト https://www.beniya-ajisai.co.jp/kf/factory/

 

また、来年3月以降も平日プラス1日開催や春休みの平日開催なども検討中らしく、

決まり次第SNSにアップするそうです。
こちらも要チェック!👇

 

 Instagram

www.instagram.com

 

Twitter

twitter.com

 

 Facebook

 

ハンマーヘッド限定スイーツ

クルミッ子ファクトリーのもう一つの目玉は、限定メニューです。

港町横浜を感じる眺めの良いカフェには、パフェなどここでしか味わえないメニューがありどれも美味しそうです。

紅谷鎌倉八幡宮前本店2階のサロンだとパフェが¥1,000とちょっとお高め。
(でも、お値段に合った満足する味でご褒美パフェにピッタリなんですよ)

ハンマーヘッドのパフェは、ミドルサイズと言うことで¥780(税抜き)なのでちょっとお値段低めで試しやすくなっています。

 

あと、今なら秋冬限定のおしるこがあり、これは本店で食べて美味しくてまた行きたいと思っているうちに期間が終わってしまった経験があるので、近々ハンマーヘッドリベンジに行ったら絶っ対外せないメニューです。

 

またショップでもここでしか買えないカップ入りクルミッ子やペアで揃えると尚かわいいマグカップなどもあります。

私はハンマーヘッド到着が14時過ぎだったのですが、いちばんにクルミッ子ファクトリーのショップを見て、まだカップ入りクルミッ子があるのを確認してすぐ買わずに「帰りに買う」と余裕をかまして他でランチやらデザートやらを食べて戻ったら売り切れになっていました。( ;∀;)

最初に確認しに行ったときは、行列になってはいるけどそんな大人数ではなかったです。

カップ入りクルミッ子お求めの際は、在庫があるうちをおすすめします。

 

その他クルミッ子ファクトリーチェックポイント

私は運ばれるかわいいクルミッ子たちは見られなかったんですが、ガラス越しにスタッフさんの作業風景や出来たクルミッ子がオートメーションで運ばれる様子も見られます。

 

f:id:hapbeauty:20191115231503j:plain


また外壁が一部タイルの壁になっていて、そのタイルは多治見焼とこだわって作られています。
さらに商品のクルミッ子の大きさとタイル1つの大きさが同じサイズというこだわり。
そしてさらにそのタイルのどこかにクルミッ子を作っているリスのファクトリスくんがいるそうです。
一緒に行った人にちょっとドヤ顔で教えてあげられそうなネタですね。

f:id:hapbeauty:20191115231547j:plain
これは通常のリスくん。ファクトリスくんではない。

私は毎度おなじみ紅谷さんのキャラクターのリスくんしか見つけられませんでした。
ていうか、ファクトリスくん知らなかった(>_<)

 

こちらも体験型『ありあけハーバースタジオ スイーツショップ&カフェ』

f:id:hapbeauty:20191115234436j:plain

横浜銘菓のありあけのハーバー。
神奈川県の人ならおなじみではないでしょうか。

そのありあけさんのスタジオ。こちらの目玉は「myハーバーマシン」

プリクラbyありあけバージョンといった雰囲気のmyハーバーマシンで撮影、メッセージを入力すると自分の画像がパッケージになった「myハーバー」を作ることが出来ます。
1つ¥1,000(税込)です。

 

myハーバーは大型客船クイーンメリー2の形をした立体パッケージで、「myハーバー組み立て工房」で自分でパッケージを組み立てることも出来ます。

その中に入れるハーバーは、看板商品の「横濱ハーバーダブルマロン」の他、「黒船ハーバーガトーショコラ」、「季節のハーバー」の3種類の中から3つ選べます。

 

ハーバーも間違いないお土産として日頃から重宝していますが、こちらで自分の写真とメッセージ付きで一味違ったお土産にしたり、日付も入るのでカップルやお友達と撮って記念にもなりますね。

 

余談ですが、ハーバーのパッケージイラストは柳原良平さんなんですよね。
4年前の2015年夏にご逝去され、子供の頃からサントリーのアンクルトリスを見て育った私としては本当に残念でした。
もちろんmyハーバーのパッケージも柳原さんのイラストです。

myハーバーを作ってハンマーヘッドで遊んだ後は、のんびり桜木町駅に向かって歩いて、途中の横浜みなと博物館内にある柳原良平ミュージアムパークに寄ってみるのも良いかもしれませんね。

引用:minatomirai21.com

 

ハーバースタジオ限定スイーツ
ありあけハーバースタジオでは、焼きたてのハーバーも楽しめます。
味は「ダブルマロン」、「ガトーショコラ」と直営限定の「ロイヤルハーバー」の3種類。

「焼きたてハーバーロイヤル」は、ブランデーと金粉で仕上げていて、まさにここでしか味わえない大人ハーバーなんだそうです。

また、ハンマーヘッド限定の「ハーバーソフト」もあります。
こちらは、ハーバー丸ごと1個をミックスした新開発の滑らか食感のソフトクリームにサクサク食感のベイブリッジサブレをトッピング。
他では味わえないスイーツだし、新食感と聞いたらこちらもはずせませんね~。

 

引用元:www.hammerhead.co.jp

 

ありあけ公式サイト

引用:www.ariakeharbour.com

 

 

ありあけハーバースタジオ プレスリリース

 

その他のお店の詳細は一番最後に載せてあります。

 

 

館内詳細情報

トイレ
1階に1か所、2階に2か所あります。
車椅子などの多目的トイレは各フロア1か所づつ。

授乳室
授乳やおむつ替えが出来る授乳室は2階トイレに併設(男女兼用)。
授乳専用コーナーは女性専用です。

喫煙所
2階に2か所あり。

館内Wi-Fi 

SSID : HAMMERHEAD

PASS : hammerhead
1階インフォメーションにも詳細が表示されていました。

アクセス



桜木町駅~横浜ハンマーヘッド~大さん橋客船ターミナルの新路線バス「ピアライン」が便利でした。
桜木町駅発 → ハンマーヘッド行き ピアライン時刻表>>
ハンマーヘッド発 → 桜木町駅行き ピアライン時刻表>>
桜木町駅を出て斜め左の4番乗り場から出ています。

f:id:hapbeauty:20191115233706j:plain

桜木町駅を出るとすぐ斜め前にバス停があります。

バスでハンマーヘッドに行くと、降りてすぐの裏口(?)から館内に入ってしまいがちです。

 

f:id:hapbeauty:20191115233902j:plain
バスを降りてすぐの裏口っぽい入り口

f:id:hapbeauty:20191115234019j:plain
入るとすぐにお店のインフォメーションがあります。
多すぎて下調べなしでは選べん。


裏から入ってもラーメンフードホールが目に飛び込んできて「わぁ~」とはなるのですが、バスを降りたらそのまま建物を正面に見て、左側にぐるっと回って裏口とは反対側の正面入り口から入った方がテンション上がるwと思います。

f:id:hapbeauty:20191115234218j:plain
正面入り口。こっちの方がウェルカムな雰囲気があってテンション上がる。

 

駐車場
88台収容 24時間利用可能で平日30分¥280、休日30分¥330
¥3,000(税込)以上で1時間まで無料。
¥5,000(税込)以上で2時間まで無料。

徒歩

馬車道駅 徒歩10分、みなとみらい駅徒歩12分、桜木町駅 徒歩15分

帰りは「ひざが痛い」と言いつつ、桜木町駅まで歩きました。
かなりゆっくりペースで歩いて、途中ひざ痛に負けてベンチで一瞬休みましたが、それでも20~30分で着きました。
眺めも良いので歩くのも気持ちよくておすすめです。

おすすめポイント
2階の「ハンマーヘッドテラス」がおすすめです。
建物に沿った形の広々とした屋外通路なんですが、広々見渡せてかなり眺めがいいです。気持ちいい!

みなとみらい地区はいろんなお店に行くのも楽しいですが、お天気の良い日に風に吹かれながらのんびり海や海沿いの風景を見てるのが好きで、ハンマーヘッドのテラスだとそれが十分叶います。
今回は昼間行ったので見てませんが、夜景もきれいかと思います。

と思ったら、やっぱりみなとみらい21地区では「NIGHT SYNC YOKOHAMA」が開催されるんですね。

引用元:night-sync.yokohama

12/27までの期間中は毎日18時~21時の間の4回、ライトアップやサーチライトの光と音楽の特別演出されたイルミネーションショウが開催されるので、それを見るのにハンマーヘッドのテラスは最適かも。

私自身、まだ見ていないので確実ではないですが、ハンマーヘッドはオープンしたてだし、ここでイルミネーションを見るのはまだあまり知られていないデートスポットの穴場なんじゃないでしょうか?
メディアなどで取り上げられて定番になる前に行ってみては。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 2019-11-10 * * #yokohama 🌃 #nightsyncyokohama #minatomirai

Hitomi(@macchann413)がシェアした投稿 -

 インスタの#nightsyncyokohamaでもまだそんなに投稿数は多くないけど、これから増える予感が…

 

行ってみて、休日でもあまり小さいお子さんはいなかったような気がします。
若い子たちからお年寄りまで幅広く来ていたようです。


2階は2名以上で来ている人が多く、若いカップルのほか年代問わず男性グループや女性グループ、うちのようなアラフィフ夫婦も沢山いて、いろんな組み合わせの方たちが来ていました。

1階も同じ感じでしたが、2階は誰かと楽しむ感じのお店が多かったのに対し、1階はおひとりさまでも気兼ねなく利用できるお店も複数あるので、平日やオープン時期を過ぎたらのんびり一人で来てもいいかなぁと思います。

クレープを食べていて気が付いたのですが、来客数の割にベンチが少ない気がしました。
ところどころに座れる場所は設けられているので、来客数も落ち着いたらこんなもんでいいのかもしれないですが、ジュースバーやクレープなど、特に座席がないお店もあるので混雑時は立ち食いになってしまう可能性はあります。

実際、お店の前で立ち食いしてる人もいて、私もちょっとそんな状態でした。
やっぱり座って食べたくて、2階でクレープを買って1階に席を探しに行ったらたまたまベンチが開いていたので座って食べることが出来ました。

f:id:hapbeauty:20191115235509j:plain
予想外にさっぱりしていて美味しかったです。
次回もリピしたいです。


ベンチが開いていなかったらテラスに出て食べるのも良いかもしれないですね。
(テラスにベンチがあったのかは不明です。スミマセン)

冬休みのイベント
12/27~1/14は「Hello ONE PIECEルフィがハンマーヘッドにやって来る」と題して、VR体験できる企画展もあるので、その期間でまた客層が少し変わるかもしれませんね。

 

 ハンマーヘッド2階レストラン&ショップ情報

QUAYS pacific grill キーズパシフィックグリル

1階フロア2階がメインダイニングと2フロア続き。バーカウンターもあり。
シーフードメインでステーキなどアメリカンなメニュー
2階ビューシートやテラスから、みなとみらい一望出来ます。
クラフトビールやクラフトジンもあって大人なダイニングです。

 

アンティーカ・ピッツアリア・ダ・ミケーレ横浜
1870年創業ナポリの老舗、日本3号店。
ピッツァはマルゲリータとマリナーラの2種類のみ!食材のほか、ピッツァ窯までナポリ直送だそうです。

500Kcalトリュフファーム
ランチはビュッフェ、夜はイタリアン系のアラカルトやコース。
厳選された新鮮な野菜が楽しめるヘルシーフードレストラン。
個室、団体席など対応可能。

ハングリータイガー
個人的に大好きなハングリータイガーですが、1969年横浜創業なんですね。
お肉が美味しいのは言うまでもない地域密着型のハンバーグステーキレストランです。
横浜ハンマーヘッド店は、席の予約は不可だそうです。

バニラビーンズ ザ ロースタリー
ヨコハマから生まれたチョコレートブランド。
ハンマーヘッド店では、オリジナルクラフトチョコレートを作れたり、トーストやアルコールなどの限定メニューもあります。
ワークショップも現在考案中らしく、今後の展開が楽しみです。

ベイサイドモーション
日替わりのライブとDJが楽しめます。

ヨコハマ キャラメルラボ
横浜発のキャラメル専門店。持ち帰りのキャラメルの他、その場で食べられるプリンやシュークリームは工房で職人さんが手作りしてくれます。

コロニアル ビーチ
ワインと共にフレッシュオマール海老牡蛎の食べ比べもあります。海外リゾートホテルをテーマにした店内はまさに大人の贅沢を楽しめます。

エロイーズ カフェ
軽井沢の大人気カフェの横浜初出店
フレンチトーストやエッグベネディクト、オリジナルコーヒーが楽しめます。

ピーターラビットカフェ
新鮮な野菜と果物のブッフェでピーターラビットの世界が楽しめます。どのメニューもインスタ映え間違いなし。
アルコールやキッズメニューもあります。

f:id:hapbeauty:20191115235159j:plain
うさちゃん好きにはたまらない。

f:id:hapbeauty:20191115235321j:plain
すみずみまでかわいい。

店舗に併設されたピーターラビットクレープリー。


アインズ&トルペ ビューティーファクトリー
全国展開しているアインズ&トルペがハンマーヘッドにも出店。
コスメのコンセプトストアにフードとギフトも追加され、更に人気のカフェも併設されています。

ワンダーフルーツ
フルーツ専門店のジュースバー。厳選フルーツをオーダー後にジュースにしてくれます。

マリンFM
FM局マリンFMのハンマーヘッドスタジオ

 

ハンマーヘッド1階レストラン情報

QUAYS pacific grill キーズパシフィックグリル
2階はメインダイニングですが、1階にはペット同伴OKのテラス席もあります。
後日、2階もOKになったようなのですが、事前に店舗に確認した方が良さそうです。

 

スターバックス コーヒー
座席数49席。公衆無線LAN使用可能です。

茶寮 伊藤園 横浜
お茶でおなじみの伊藤園の和カフェ。店内で焼いた抹茶入りワッフルコーン使用のソフトクリームや点てたての抹茶や入れたてのこだわり茶葉の緑茶、抹茶ティラミスラテ、抹茶ソーダなど。

THE ALLEY ジ アレイ
横浜初出店のティーストア。こだわりの茶葉使用の本格派です。
各種タピオカミルクティーがとっても美味しそうでした。
ここは長い行列が出来ていました。

 

ジャパン ラーメン フード ホール
ハンマーヘッドに入って初めに目を引くのがこのラーメンのフードホール。
私が行った15時近くには空席もあり、すんなり入ってラーメン食べられました。
250席もあるので、時間をずらせば待たないで着席できそうです。
ホール内は5店舗のラーメン店と豊富なドリンクメニューのOCEAN BAR オーシャンバー。


ラーメン店:
初代
豚骨・鶏ガラに煮干し・昆布・野菜の追いダシ製法のスープとコシの強い超熟成麺。
豚肩ロースのチャーシューがとってもやわらか。

函館麺厨房 あじさい
豚骨と鶏ガラダシを合わせた透明な昆布ベースのスープと特注ストレート麺。
看板メニューは塩ラーメン。

札幌麺処 白樺山荘
濃厚でもくどくない味噌ラーメン。本家札幌で一番人気は味噌チャーシュー麺だそうです。

K's collection 辛味噌サンマー麺
支那そば「ちばき屋」店主千葉憲二のブランド。旨辛な味噌味サンマー麺のほか、オリジナル焼売や中華ちまきなどもあり。

博多 一星
豚骨のまろやかスープと特製窯で焼き上げたチャーシューの本場博多らーめん。
自家製辛みその豚骨辛味らーめんもあり、博多一口餃子や明太子ごはんなどサイトメニューも豊富。

 

以上、横浜ハンマーヘッド情報でした。

またリベンジしたら報告したいと思います。

横浜ハンマーヘッド公式サイト>>